「運がいい」

梅雨明けして夏本番!今年の夏は何年かぶりの猛暑とか…毎年そんな報道がされている気がしますが、みなさんも熱中症にはお気を付けください。さて本日は岐阜市で地鎮祭を行いました。小高い団地の一角で、猛暑の中ですが近くの池からはひんやりした風が入り込む気持ちのいい環境です。地鎮祭のシメに弊社会長からの挨拶。「あなたは運がいい」いろんなことがある人生、いいことばかりではありませんし、つらいことも多いかもしれませんが、今日この日に家づくりをスタートできる幸せ。お施主様へ向けてのご挨拶だったのですが、「運がいい」と思ってみれば、どんなことも前向きに受け止められるような気がします。土地探し、プラン、打合せ、資金計画。。。家づくりもいろんな壁がありますが、、、前向きに考えれば乗り越えていけると思います。岐阜市の不動産屋で土地情報ならこちら気持ちがいい晴れの空に、私まで元気をいただきました。T様、おめでとうございます!最近、松浦弥太郎さんの本がお気に入りです。「暮らしの手帖」の編集長で、豊かな暮らしを追い求めているミニマリストです。丁寧に暮らすことを心がけている松浦さんの本の中で、食事の話が出てきます。食事のおいしさの秘訣は気持ちがこもっているかどうか。工場生産品の弁当よりも、手作りの弁当の方が何倍もおいしいです。使っている素材が高級かどうか、ではなく作った料理に愛情がこもっているかどうかが大事だとのこと。確かに手作り弁当は不思議と毎日でも食べられる気がします。話は変わって今日はオーナー様宅での見聞会。2年前に建築いただいたB様のお宅を個別でご案内させていただきました。その合間にお施主様手作りのお昼ごはんをいただきました。メニューはモツの煮込みとあんかけ野菜!ご主人と奥様の愛情がこもったお昼ごはんは、とってもおいしかったです!!食事の話は家づくりにもつながると思っています。工場生産でも間違いはないけれど、一生住むなら作り手の愛情がこもった家が居心地がいい。料理も家も、食べたり住んだりするのは人なのだから、温かみを感じたいのは一緒じゃないかな、と。B様、ありがとうございました!!